予防歯科のすすめ

何回治療を受けても、すぐに虫歯や歯周病に逆戻りしてしまい、悪循環している患者さんを多く拝見しております。
これは、どこに問題があるのでしょうか?
一度治療をしたら、それっきりで何年も放っていないでしょうか。
この様な悪循環を断ち切るためには、定期的なメンテナンスを受けお口のトラブルを予防することが必要です。

予防歯科のすすめ

患者さんご自身で行える唯一の予防がブラッシングですが、お口の中を自分自身では全て見ることが出来ないのでどなたでも多少の磨き残しが出来ます。

この磨き残しが少しづつ蓄積して「歯石」となり、やがて歯周病となっていくのです。

この様な状態になってしまったら第三者の目(私達専門家)によって口全体を観察(検査)してもらい、自分自身では見ることが出来ない部分や、取れない汚れ(歯石)を最低でも1年に1回は除去するようにして下さい(メンテナンス)。

これを実行する事によって、虫歯を早期に発見し簡単な治療で済ませる事が出来ますし、歯周病になって急に歯肉が腫れて痛み出すようなことは随分減っていきます。
そして、いつもお口の中が清潔で爽やかになっていくことでしょう。

歯のクリーニングの方法

歯のクリーニングにはPMTCという方法がございます。
PMTCとはプロフェッショナルによる歯のクリーニングのことです。

専門の器具を使用して、歯と歯の間や、歯と歯茎の境目など、細かい部分の汚れを除去します。

PMTCの流れ

1.歯の状態をチェック

まずは、お口の中の状態をチェックします。

PMTCの流れ

2.ブラッシング

お口の汚れをチェックした後はブラッシングを行い大まかな汚れを除去します。

3.機器を使用してクリーニング

専用の特殊な器具を使って細かい汚れを除去していきます。

4.フッ素を塗布

クリーニングを終えたらフッ素を塗っていきます。 フッ素を塗ることで、歯自体を強くすることができ、今後の予防につながります。

ぜひ一度当院にお越しいただき、プロによるクリーニングを受けてみてください。 すっきりしたお口になっていただけます。

お口の中の細菌の状況をチェック

当院では、ご希望される方に位相差顕微鏡を使った細菌検査を行っております。
お口の中の細菌の種類や数などを調べることで、患者様に効果的な歯周病予防をご提案いたします。
ご自身に適した予防法により、お口の環境を整え、健康な歯を手にいれましょう。

お口の中の細菌の状況をチェック

ページトップへ戻る

診療方針
院内ツアー
ブログ