歯を失ってしまったらどうしたらいいの?

残念なことに、様々な理由で歯を失ってしまった場合、その欠損した部位を何らかの方法で補わなくてはなりません。
何もしないと隣の歯が寄ってきて、咬み合わせもガタガタになります。
ハブラシしずらくなるので虫歯や歯周病になりやすく、あごの関節に悪影響を与え、痛くなって口も開けられなくなります。
この様に放置することは以前より、もっと酷い状態になってしまいますから、きちんと最後まで治療を受けるようにして下さい。

保険適用の範囲では、欠損した部位を補う方法として次の2つが上げられます。
(1)ブリッジ
(2)入れ歯
どちらも一長一短がありますので、ご自身の口腔内の状態に合わせた方法を選ぶようにして下さい。

上記(1)(2)以外にも、インプラントという特殊な方法があります。

歯を1~2本失った場合

ブリッジという方法があります

歯の抜けた空間には人工の歯で補う必要があります。放っておくと隣の歯が寄ってきてしまうからです。抜けた歯が1~2本の場合は、その両隣の歯を土台にして、橋をかけるように人工の歯を装着するブリッジという方法があります。入れ歯とは違い、歯科用セメントで永久固定します。

ブリッジは、しっかり咬むことが出来ますが、両隣の健康な歯を削らなければならず、歯に掛かる力の負担も増してしまいます。

材料
前歯・・・プラスチックの歯;銀歯のフレームに白いレジン(プラスチック)を焼き付けたもの
奥歯・・・銀歯
*自然な感じに仕上がる、セラミックでも治療製作することも出来ます。(自費診療)

ブリッジという方法があります ブリッジという方法があります

連続3本以上、又は奥歯を失った場合

局部的な入れ歯を使用します

局部的な入れ歯
何本かの歯が連なって失われている場合は、そこを局部的な入れ歯で補います。入れ歯なので取りはずし式になります。床と呼ばれる土台の上に人工歯が並んでいて、床についているバネで、支えとなる歯に挟み込むしくみです。

材料
床の材料・・・レジン(プラスチック)
人工歯の材料・・・レジン(プラスチック)
バネの材料・・・ワイヤー

局部的な入れ歯を使用します

全ての歯を失ってしまった場合

総入れ歯になります

総入れ歯
うまく使いこなして、食べることの楽しさや若々しさをとりもどしましょう。
しかし、人工の物ですから違和感はつきものです。支える歯が何も無いので入れ歯の吸着には土手の状態に大きな影響を受けます。床面積も広くなるので、お口が慣れるまでには少し時間や努力が必要です。
使い方を習い、一日も早くあなたの身体の一部にしてください。

総入れ歯

材料
床の材料・・・レジン(プラスチック)
人工歯の材料・・・レジン(プラスチック)
*歯を失っても、土手の歯肉を清潔にしておかないと、歯肉が炎症を起こしてやせてしまい、入れ歯もゆるくなってしまいます。
入れ歯をはずした後は丁寧に磨き、お口の中もきちんとブラッシングしてマッサージしておきましょう。

材料

入れ歯についてさらに詳しく知りたい方はこちら

特殊な治療:インプラント(自費診療)

ブリッジでもなく入れ歯でもない現代的な治療方法で、特に入れ歯で不自由している患者さんには、以前の生活スタイルに戻れるすばらしい治療方法と評価されています。

特殊な治療:インプラント(自費診療) インプラントについて詳しくはこちら

ページトップへ戻る

診療方針
院内ツアー
ブログ