小さな虫歯の治療

比較的小さな虫歯の治療には、歯と同じ色の白いレジン(プラスチック)という材料で治療する方法を用います。
前歯から奥歯まで、ある程度の大きさの虫歯なら殆んどこの方法で治療する事が出来ます。
通院回数も、1つの虫歯を1回で治療を完了する事が出来ます。

小さな虫歯の治療

中位の虫歯の治療

型をとって小さな詰め物を製作し、セットします

(1)中くらい(やや大きめ)の虫歯が出来てしまいました。
(2)むし歯の部分を含めて斜線の範囲を削り型をとります。
(3)その型をもとに、銀歯を制作します。
(4)削った部分にセットして終了です。

*この治療方法は、治すために2回の通院で完了出来ます。((1)(2)で1日目、(3)(4)で2日目)
*健康保健での金属は銀歯を使用します。

型をとって小さな詰め物を製作し、セットします

歯が痛んできた!(大切な歯を残す、歯の根の治療)

虫歯が進行すると細菌は歯の神経の中にまで侵入し感染します。
これを放置すると根の先からあごの骨へと菌が広がっていきます。
感染の広がりをくい止め大切な歯を抜かないですむよう、感染した歯の根の内部を消毒し、再び細菌が侵入しないように完全に密封します。
歯の根は非常に細く形も複雑で、治療には細心の注意と労力、時間も期間も必要ですが、歯やあごの骨の炎症を救うために欠かせない重要な治療です、根気よく最後まで通院して下さい。

根管治療

細菌に感染した歯の根の管の表面を機械的に清掃し消毒します。
消毒する期間は症状によってまちまちです。

根管治療

根管充填

清掃消毒を繰り返し症状が無くなり、無菌状態を確認出来たら、歯の根の管を専用の薬で密閉します。

根管充填

補綴治療

神経の治療を受けた歯はそのままでは破折してしまうので根に土台をセットし人工の歯を被せます。

補綴治療

再根管治療

一度治療した歯の根に炎症が再発することもあります。
この様な状態になると突然激しい痛みや腫が出ることがあります。
たとえ症状が無くても炎症は自然には治らず慢性化していき、どんどんあごの骨を破壊していきます。
これを治すためには一度入れた人工の歯をはずし、もう一度根の治療を行うことになります。

治療した歯に異常が無いかを確認するためには、定期的なレントゲン撮影の検査をお勧めします。

再根管治療

大きな虫歯を放っていたら、腫れてきた!

頬や歯肉の腫れは、既に重症化した証拠

虫歯が進行して歯の神経が感染し炎症を起こしているにもかかわらず、そのまま放置することは大変危険です。
感染がすぐにあごの骨と歯とを結びつけている「歯根膜」にひろがり、歯根膜が炎症をおこします。さらに感染が進めば、炎症は歯の根の先から周囲の組織やあごの骨にまでひろがります。
あごの骨が腐敗して溶けるので歯はグラグラし、常にズキズキと激しく痛み、膿も溜まってきて歯肉が腫れてきます。歯の根の周りの骨が破壊されるので酷い場合には嚢胞という膿(うみ)の袋が出来てしまいます。
炎症が骨にまで及んでは大変ですから、すぐに受診してください。

頬や歯肉の腫れは、既に重症化した証拠

消毒による治療期間と限界

歯根膜炎やあごの骨にまで炎症が及んだ場合の治療方法としては、感染して腐った神経のカスを取り除き、神経が通っていた根の管の部分を機械的に清掃し消毒を行ないます。
この消毒期間は重症な程、長期に渡ります。
この消毒する方法で、ある程度の炎症までは治りますが、消毒して治すにも限界があり、重度な場合(特にあごの骨に膿の袋が出来ている場合)は外科処置を行なったり、抜歯(同時に嚢胞摘出手術)になる場合もあります。

消毒による治療期間と限界

歯の神経の治療は丁寧に行う程、長期間かかります。
しかし、痛みがおさまったからと治療を途絶えてしまうと炎症はどんどん進み、以前よりもっと重症化していき、保存出来た歯が抜歯になってしまう患者さんもいます。
この抜歯をためらって、痛みや腫れた場合にだけ薬を服用し治療を受けずに放置していると、さらに重症化して「骨髄炎」にまでになってしまいます。
この様な状態になると私達歯科医院では手に負えず、総合病院に緊急入院することになってしまいます。
この様な患者さんが、どの地域の総合病院でも年間数名は救急車で運ばれてくるそうです。

通院する事は大変ですが、大事な歯やあごの骨を守るためにきちんと最後まで治療を受けるようにして下さい。

ページトップへ戻る

診療方針
院内ツアー
ブログ